富山/石川/福井のwebマーケティング&メディアカンパニー

人材採用特設サイト

  
 
 

Members

-タネの中の人たち-

  
 
 

Personality

鈴木 青空(すずき あおぞら)

北陸営業局 コンサルティンググループ
アカウントプランナー
(2021年新卒入社)

鈴木 青空
(すずき あおぞら)

北陸営業局
コンサルティンググループ
アカウントプランナー
(2021年新卒入社)

interview

インタビュー

┃どんな就活をしていましたか?

 「地元の魅力発信×コンサルティング」ができる企業が、私の就活の"軸"でした。

私は色々あって4年生の秋に就活を始めたので、最初からかなり的を絞っていました。
 
いつかは父のように『地元の中小企業の力になれる仕事』がしたいと考えていたので、いわゆる『コンサルティング』と検索でヒットする企業を片っ端から受けていました。
 
就活中に説明会に参加したり面接を受けていく中で、私がしたいのは企業のコンサルティングの中でも広報や販促に関わるような『魅力発信をする部分』だと思うようになりました。
 
ただ、いくつか最終選考まで進んでいた企業はいわゆる『コンサルティング業』ではあるものの、魅力発信にはそこまで関わらない業種ばかりでした。
 
どうしても地元北陸で働きながら生きていきたいと思って企業を探していたので、本当にやりたいことができる会社をなかなか見つけられなかったことが当時1番の悩みでした。

福井から金沢へ。インターネット広告業界で働く女性コンサルタントの就活体験&インターン談とこれからの夢について。株式会社プロジェクトタネ。webマーケティング、ホームページ制作、webメディア、採用支援

┃どうしてプロジェクトタネに入りたいと思ったのですか?

 北陸で『自分らしく働きたい人が、自分らしく働けるお手伝い』がしたいと思った。

最初は知り合いの人に「プロジェクトタネっていう会社の社長面白いから、一度会社に会いに行ってみたら?」と言われたことがきっかけです。
 
問い合わせ前にWEBサイトを見て、『WEBのコンサルティングってなんだろう、でも面白そう!』と思いました。
 
初めて就活でワクワクしました。
 
今まで石川県で見たことのないジャンルの企業だったので、単純にどんな人が働いているのか気になったのです。
 
タネには『カジュアル面談』というものがあって「ぜひお気軽にご連絡ください。まずは一緒にコーヒーでも飲みましょう。」と書いてあったので本当にそのつもりでアポを取りました。
 
その面談で出会った女性社員の仕事内容に興味を持ったこと、単純に話していて楽しかったことから、選考に進ませてくださいとお話をしました。
 
このワクワクする会社で楽しそうに働いている女性がいる会社の社長は一体どんな人なんだろうと思っていました。
 
実は1回目の社長との面談はサッカーの話等でかなり会話が弾んでしまったので、2回目の面接の時は『鈴木さんがプロジェクトタネの仕事を通じてどのように自己実現していきたいか、1人の人間としてのビジョンや夢、目標などをお聞かせください』と言われていました。
 
私は『素敵な商品を持っていたり取り組みをしているのに知られていない企業がいっぱいあるので少しでも良さを知ってもらえるようなお手伝いがしたい』『北陸で自分らしく働きたい人が自分らしく働けるお手伝いがしたい』とそんな事を話したと思います。
 
1つ目は、せっかく18年間も生活していたのに、最近まで私が生まれ育った地元の市でどんな『モノ・コト』が生み出されているのか知らなかったなと気づいたことがきっかけです。
 
でも、そもそもそんな情報があんまりなかったよな~とも感じました。
だから、WEBのコンサルティングを仕事としてスキルを身につければ、将来的にそんな現状の地元の活性化の役に立てるんじゃないかなと思ったのです。
 
2つ目は、面談で話した女性社員との会話の中で、お子さんが2人いても自分のやりたいことを続けたい!と実現している姿がキラキラしていたからです。
 
私が生まれたときに母が専業主婦になり色々とやりたいことを後回しにしている様子を見てきたので、自分が自分らしく働き続けることはもちろん、北陸でも母のような人が自分のやりたいことをまた持てるように情報発信をしたり背中を後押ししたいと思いました。
 
消去法や「先輩もなんとなくいい人そうだし、仕事は若干興味ないことが多いけどいいか…」という妥協ではなく、ここならやりたいことが出来る!なりたい自分になるための環境がある!と感じたのでそのままの熱量を社長に伝えることが出来てよかったです。
 
ちなみに、最後に社長に「まだタネは創業まもなくで『いい会社』にはまだなっていないけど、『いい会社』を君と一緒に創りたい」と言ってくれたことがとても嬉しかったです。

┃入社前にインターンを経験していましたが、どんな事をしていましたか?

ぶっちぎりで『超本番型インターン』です!(笑)
自分から主体的に動かないと何も変わらないけど、自分から動くと先輩がものすごく沢山のヒントを与えてくれます。

 
インターン当初、座学は広告に必要なツールの基本操作を聞いたくらいでした。
 
社長的には「だって、座学じゃ本気にならないでしょ?」という事らしいのですが、確かにすぐに活きたリアルな事案を考えさせられたほうが、面白さが全然違いました。
 
ちなみにOJTで先輩になったCさんは、最初は『ノリが良すぎて多分あんまり関わらないだろうな』と内定式の日に偏見で確信した人でした。
(すみません。今ではとっても信頼している素敵な方です。笑)

まずインターン間もない時からでも"先輩のカバン持ち"としてアポに参加していました。
議事録担当を任されていたのですが、カタカナの業界用語が意味不明すぎました。
当時の日報にも『今日一日で知らない単語がいっぱい出た。英語のリスニングをしているみたいに知らない単語を推測しながらのMTGは頭が疲れた。でも楽しい!』と書いてありました(笑)
 
また、インターン開始後半月も経つと広告配信のレポートを書いてみるように言われました。
 
もちろん私が創るものは実際のレポートになるわけではないけれど、どの数字を見て、どんな課題があるか、改善するにはどうしたら良いかをほぼヒントなしの状態で行いました。
 
そのレポートに対してアドバイスを色々受けながら自分なりのレポートを完成させるわけです。
 
良いポイントを見つけたときはレポート内容に採用されるので嬉しかったですし、最初から既存のレポートのマネをなんとなくするよりは、一旦自分で何も知らずに書いてだめな部分を指摘してもらったほうが、既存のレポートを見た時に『このポイント押さえてる!』と気付けるようになってよかったかな~と思います。

ひたすら、とにかくやってみる、「ここまで出来たけどここから分かりません」という部分で助けを求める、絶対誰かしらがヒントをくれる(ここがタネのいいところ)、それを元にやってみる、アドバイスを貰う、次またやってみる、、、というように、受け身ではなくて完全主体になって取り組まざるを得ないところが成長させてくれた要因だと思います。
 
あとは、インターン期間に失敗をしたときに先輩が「起きてしまったことはしょうがない。じゃあ次に再発防止するためにはどうしたら良いと思う?」と答えてくれた時、もちろん反省はしましたし、この人のように冷静で建設的な考え方ができるようになりたいと思いました。
 
タネのインターンでは先輩たちが人として向き合ってくれることがとても大きくて、考え方を参考にしたいと思うことがとても多いので、内面的にも成長できるのがいいところだと思います。

これからどんなことをしていきたいですか?

ステキなサービスや商品、魅力ある企業を、まだその存在に気づいていない人に届けていきたい。

 
就活の時に考えていたことと変わらず『地元北陸の企業の魅力発信に携わりたい』と思っています。

最近では新規の企業の方とお話する機会が増えてきたのですが、「え~!こんな素敵な商品・サービスがあったなんて!」と思うことがしょっちゅうあります。
 
欲しすぎて個人的に買ったこともあります。
 
そんな素敵なものがあるのにまだまだ認知度がないことがとてももったいないなと思うと同時に、「みんな~!こんなものがあるの知ってた~!?」と声を大にして教えたくなります。
 
それを記事にしたり、広告を出したり、Instagramで発信したり、様々な手段を取ることで知ってもらえる機会を作ることが出来るこの仕事でもっともっと魅力を掘り起こしていきたいです。
 
それが『人と商品・サービス』をつなげて販促に役立ったり、『人と企業』をつなげて採用に役立ったりすれば、そんな素敵な縁を作っていけたら、とても幸せです。

最終的には、何年後も先の話にはなると思いますが、世間一般に全然知られていない自分の故郷の魅力発信のお手伝いをしたいなと思っています。


Another Story

プロジェクトタネの中の人たちのMy Story